東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

赤芍と白芍について

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

赤芍と白芍の違い

芍薬で総称されていた

そもそも赤芍白芍は同じ芍薬からできる生薬なのでややこしい。 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍白芍の区別はありませんでした。 しかしその後唐末宋初になると、明確に赤芍白芍に分けられるようになりました。書物としては、宋代に出版された『図経本草』ではじめて金芍薬(赤芍)と木芍薬(白芍)と分類して記されたようです。

赤芍と白芍の違い

赤芍と白芍の性質の違い(1)

上述したように、赤芍と白芍は、ともに一つの芍薬から採取されるものですが、その性質は異なり、陳無己は「白補赤瀉、白収赤散」と端的に両者の違いをまとめています。これを現在の生薬の分類にすると以下のようになります。
  • 清熱薬
    • 清熱瀉火薬
    • 清熱燥湿薬
    • 清熱解毒薬
    • 清熱涼血薬 ← 赤芍
    • 清虚熱薬
  • 補虚薬
    • 補気薬
    • 補陽薬
    • 補血薬   ← 白芍
    • 補陰薬

赤芍と白芍の性質の違い(2)

野生品を赤芍、栽培品を白芍とする分類がある。 基本的には、白芍は栽培種とされるが、北朝鮮産のP. lactiflora Pallasを基原とする栽培皮付芍薬を赤芍に分類していることから、一般的には皮付きの芍薬を赤芍とし、皮を去った芍薬を白芍としている。  

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です