麻黄 Ephedrae Herba

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

麻黄 Ephedrae Herba

分類

  • 解表薬
    • 発散風寒薬 ← 麻黄
    • 発散風熱薬

薬性

性味: 辛・微苦・温
帰経: 肺経・膀胱経

効能・主治

1.外感風寒、悪寒発熱、頭身疼痛、鼻塞、無汗、脈浮緊などの表実証

麻黄はよく宣肺気し、腠理を開いて風寒を散じる。つまり発汗解表作用がある。
常に桂枝相須関係として用いられ、発汗解表の作用を増強する(麻黄湯)。

2.風寒外束、肺気壅遏による喘咳証

麻黄はよく開宣肺気して、風寒を散じて平喘する。
杏仁甘草と配伍されることで平喘作用が増強される(三拗湯)。
内に寒飲がある場合は細辛乾姜半夏などを配伍して、温化寒飲して平喘止咳する(小青竜湯)。
熱邪壅肺して喘咳に至ったものは、石膏杏仁甘草などと配伍されて清肺平喘する(麻杏甘石湯)。

3.水腫にして表証を有するもの

麻黄は発汗利水の作用があるので、消散水腫を助ける。
常に生姜白朮などと一緒に用いられる(越婢加朮湯)。

4.その他

麻黄には温散寒邪の作用があるので、その作用に相応する生薬を配伍して風湿痹痛、陰阻、痰核などの証を治す。

用方・用量

煎服: 1.5~10g

解表には生麻黄
平喘には炙麻黄または麻黄

注意

麻黄は発汗宣肺能力が強いので、表虚自汗、陰虚盗汗、肺腎虚喘の者には、慎重に用いる。
熱はあるが、すでに発汗している感染症には用いないようにする。

豆知識

『武威医簡』以来、薬用とされており、『神農本草経』では中品に収載されている。 『神農本草経』 「中風・傷寒・頭痛・温瘧を治す。表を発し、汗を出し、邪熱の気を去り、癥逆上気を止め、寒熱を除き、癥堅・積聚を破る」

方剤例

麻黄湯 葛根湯 小青竜湯 防風通聖散 神秘湯

参考資料

中医臨床のための方剤学 中国傷寒論解説 皇帝の漢方薬図鑑

商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました