東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

仮神

仮神 かしん

解説

仮神とは、危篤の患者さんに出現するもので、精神が一時的に好転したものをいう。
しかし、これは生命が終わる前兆で、決して良いものではない

つまり仮神とは、久病重病の人で、すでに神を失っている人に出る。

 

 

 

出現する症状としては、突然精神が良くなった感じで、目の光が亮くなり、言語も休まず、親しい人が思い浮かばれたりする。
或いは病が進み、語声が低微断続、忽ちに清亮、あるいは面色が晦暗だったものが突然顴赤如妝、あるいは食欲がほとんどなかったものが突然増強したりする。

 

 

 

精気が衰竭して極まると、陰が陽を収めることができなくなり、虚陽が外越して一時的に好転したような仮象が出現する。

古人はこの現象を、「残灯復明」「回光返照」と呼ぶ。陰陽がまさに離脱しようとする危険な徴候である。

 

参考資料

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です