天南星

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine 生薬・中薬学用語

天南星 てんなんせい・てんなんしょう

分類

  • 化痰止咳平喘薬
    • 化痰薬    ← 天南星
    • 止咳平喘薬

性味・帰経

性味: 苦・辛 / 温 / 有毒

帰経: 肺経・肝経・脾経

効能・主治

  • 燥湿化痰
  • 祛風止痙

応用

1.頑痰咳嗽・胸膈脹悶などの証

天南星は燥湿化痰の作用があり、温燥の性質は半夏に勝る。 陳皮半夏茯苓、枳実などの生薬と配伍して、痰湿壅滞によって生じた咳嗽、痰多稀薄、苔胸悶などの証を治療する。例として導痰湯がある。 肺熱咳嗽、喀痰黄稠などがある時は黄芩瓜蒌などの清熱化痰薬と配伍することもある。

2.風痰眩暈・中風痰壅、口眼喎斜・癲癇・破傷風など

天南星には祛風止痙の効能があり、半夏天麻などと配伍する玉壺丸がある。 風痰が経脈に留滞したことによる手足頑麻、半身不遂、口眼喎斜などの証に対しては、半夏白附子川烏などを配伍する清州白丸子がある。 破傷風の治療には、防風白芷天麻などと一緒に用いる玉真散がある。

3.その他

生南星の外敷は、散結消腫止痛に用いる。また、癰疽痰核腫痛の治療にも用いる。 近年では天南星には抗腫瘤作用があることが分かり、子宮頸癌に用いられることがある。

用量用法

制南星 5~10g 生南星の多くは丸剤、散剤に入れて用いられ、一次量は0.3~1g 外用は適量

使用の注意

妊婦慎用 生南星は一般的には内服しない

附薬

 

胆南星
胆南星 たんなんせい・たんなんしょう 胆南星は、天南星を研末にして、牛胆汁とともに加工生成して小塊状あるいは円柱状にしたもの。 胆星と略すことがある。 分類 化痰止咳平喘薬 化痰薬    ← 天南星 止咳平喘薬 ...

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました