東洋医学の会

東洋医学関連のニュース

『中国企業、もぐさスティックの生産加速 新型肺炎に効果』

中国で棒灸が増産される 此度の新型コロナウイルスに対して、中国では西洋医学・漢方薬だけではなく鍼灸もかなり併用されているようで、相乗効果で良い効果が出ているようです。 このあたりは、中医学(東洋医学)が西洋医学と同等に扱われてい...
人名

李時珍 りじちん

李時珍とは? 生年 1518~1593・明代の医家 名前 李時珍は、字を東壁と称し、晩年は瀕湖山人と号した。 出身 蘄州(きしゅう) 現在の湖北省蘄春県 略歴 祖父は鈴医として活躍し、父の李言聞(号は月池)はその地方の...
治法治則用語

引火帰原 いんかきげん

引火帰原について解説しています。
古医書抜粋

凡欲察病者、必須先察胃気・・・

凡欲察病者、必須先察胃気・・・ 明・張景岳『景岳全書・雑証・脾胃』にある文章 凡欲察病者、必須先察胃気 凡欲治病者、必須常願胃気 胃気無損、諸可無慮 明・張景岳『景岳全書・雑証・脾胃』より 解説 胃気といった場合、東洋...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃寒 いかん

胃寒 胃寒とは、胃の陽気を損傷した状態のことをいう。 胃寒になる原因は、生ものや冷たいものを過食したり、完了剋伐の薬物を多用したことにある。また、体質として胃が冷えやすいということもある。 胃寒になると、胃の陽気がない...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃陰虚 いいんきょ

胃陰虚 胃陰虚とは、胃の陰液が枯涸して胃の能力が失調することである。 胃陰枯涸の多くは、熱病の後期に現れるが、これは邪熱が長く留まって胃の陰液に影響が出たためである。久病が回復していかないと、陰液の消煉に至る。 胃陰虚...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃気虚 いききょ

胃気虚 胃気虚の多くは、飲食物の不摂生が長く続いたり、繰り返されたことによって起きるもので、そのために胃気が損傷するまでに至った状態である。もともとの体質によるものや、慢性病で元気が回復していないなどで起きる。 胃気虚になる...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃の失調について

東洋医学・中医学では脾胃をとても大事にします。胃の失調が起きるとどのような状態になるのかを概観。
治法治則用語

塞因塞用 そくいんそくよう

塞因塞用について解説しています。
治法治則用語

扶正袪邪 ふせいきょじゃ

感染症のような実証に対しては、扶正袪邪という治療法則を用いる。正気を助け、袪邪も同時にするという方法について解説しています。
鍼灸用語

経絡系統の簡単なまとめ

経絡系統の組成 経絡系統 経脉 十二経 手三陰経 手の太陰肺経 手の厥陰心包経 手の少陰心経 手三陽経 手の陽明大腸経 手の少陽三焦経 手...
中医・東洋医学基礎理論用語

柔肝・養肝・養血柔肝

柔肝・養肝・養血柔肝 概要 柔肝とは、肝血が不足している肝陰虚を治療することをいう。 肝陰虚になると、視力減退、両眼乾渋、夜盲、ときに頭暈耳鳴、爪甲色淡、あるいは睡眠が浅く夢が多くなる、口乾や津液が少なくなる、脈弱細という症状が出...
書籍名

東医宝鑑 とういほうかん

東医宝鑑とは? 概要 『東医宝鑑』は、李氏朝鮮中期時代の侍医として活躍した許俊(ホジュン)が、1611年に完成した古医書である。 『東医宝鑑』は全部で二十三巻ある大部であり、朝鮮第一の医学書と賞賛されている。 『東医宝鑑』は...
人名

呉崑

呉崑 名前 呉崑 号は鶴皋(かくこう) 時代 1552~1620(?) 明代の医家 出身地 安徽省歙県の人 業績 15歳から医学を学ぶ。 当時の医師の10人中9人は意訳の知識に乏しく、古今の方薬にほとんど無知であること...
方剤名・方剤学用語

真武湯

真武湯 しんぶとう 出典 『傷寒論』 分類 祛湿剤 袪湿和胃 清熱祛湿 利水滲湿 温化水湿 ← 真武湯 祛風勝湿 組成・方解 組成 君薬: 附子(炮去皮、一枚) ...
タイトルとURLをコピーしました