瘂門 あもん

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

瘂門とは 穴名の由来 瘂門の「瘂」は、“ものを言うことができない”を指し、「門」は門戸を示す。 出典 『鍼灸甲乙経』「後髪際の宛宛たる中に在るなり」 『千金翼方』「瘂門と名付けられたり」 別名 舌厭、舌横 位置 後髪際の … 続きを読む

疏肝 そかん

治療方法/法則/治法治則用語 古典古医書抜粋解説 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「疏肝」とは? 「疏肝」の概念 肝気の鬱結を散らすこと。 肝はとても強い臓器で、『黄帝内経』の「霊蘭秘典論」では、肝臓は将軍に喩えられます。 それくらい強い肝ですから、抑制されると鬱滞もしやすくなります。 肝をのびやかに … 続きを読む

痞 ひ

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「痞」とは? 痞の概要 痞とは、胸腹間に気機が阻塞不舒した一種の自覚症状のことを言う。 痞の原因 邪熱壅聚、気虚気滞が原因となる。 痞の種類 腸満の感覚がある場合は、「痞満」と称する。 邪熱阻滞が上焦にあれば、胸部痞塞と … 続きを読む