胃寒 いかん

胃寒

胃寒とは、胃の陽気を損傷した状態のことをいう。

胃寒になる原因は、生ものや冷たいものを過食したり、完了剋伐の薬物を多用したことにある。また、体質として胃が冷えやすいということもある。

胃寒になると、胃の陽気がないために、水穀を腐熟することができなくなる。さらに、多くの場合は、食事をしてもそれを化生することができなくもなる。

胃寒とは、すなわち気機不利になって気滞となり、血行が減緩にして瘀滞し、脈絡が収引して、脈絡絀(しりぞける)急に至る。

故に、胃寒は、多くの場合、激烈な脘痛になる。痛みは温めれば減少する。

 

 

「胃寒 いかん」への1件のフィードバック

コメントする