二至丸 にしがん

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture方剤名・方剤学用語

「二至丸」とは?

二至丸の出典

『医方集解』

二至丸の分類

  • 補益剤
    • 補気
    • 補血
    • 気血双補
    • 補陰 ← 二至丸
    • 補陽

二至丸の組成

※各生薬の用量は、『方剤学』(上海科学技術出版社)第45版による。

二至丸の効用

  • 補腎養肝

二至丸の主治

肝腎陰虚

口苦咽乾、頭昏眼花、失眠多夢、腰膝痠軟、下肢痿軟、遺精、早年白髪

二至丸の方解

二至丸の証の解説

二至丸は肝腎陰虚証に用いる。

腎は骨を主り、髄を主るが、腎陰虚になると、陰精が下部を濡潤することができなくなる。
故に下肢痿軟となり、また陰精が上部を栄ずることができなので、頭昏となる。
足少陰腎経は舌を貫き喉を循ので、陰精が昇らなくなると、舌燥咽乾となる。

肝は目に開竅するが、肝血が上部を滋せないと、眼花になる。
肝は魂を蔵するが、肝陰虚になると魂の舍を守ることができなくなる。そのために多夢となる。
肝腎陰虚になると相火が蔵さなくなるので、精関不固となって夢遺あるいは滑なる。

方解

女貞子は、肝・苦・涼で、滋腎養肝の作用がある。
旱蓮草は、甘・酸・寒で、養陰益精、涼血止血の作用がある。

二至丹の生薬は以上の二つだけで、その性質も和平である。補肝腎陰血にして滋膩しないので、屏補肝腎の方剤である。

二至丹にはもう一つ、桑椹を加えたものがある。
桑椹は甘・寒で、滋陰補血の作用があるため、それが加わることで滋腎益肝のはたらきが強まる。

また、二至丹は丸剤であるため常に服用しても、作用が緩やかなので、肝腎陰虚証に対してもゆっくりと穏やかに効くという利点がある。

附方

桑麻丸(別名:扶桑丸)

『医方集解』

桑葉(300g)、巨勝子(黒脂麻)(120g)、白蜜(300g)

効用: 滋肝腎、清頭目、助風湿

主治: 陰虚血燥、頭暈眼花、久咳不癒、津枯便秘、風湿麻痺、肌膚乾燥など

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しています。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、本サイトは一般の方向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
また、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、シェアするようなことはなさらないようにしてください。

症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

  1. […] 旱蓮草は肝腎の陰を滋養する。 多くの場合、女貞子と一緒に用いられる(二至丸)。 […]

タイトルとURLをコピーしました