東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

遠志

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

遠志 おんじ

分類

  • 安神薬 ← 遠志

性味・帰経

性味: 辛・苦 / 微温
帰経: 肺経・心経

効能・主治

寧心安神
祛痰開竅
消瘍腫

応用

1.心神不安・驚悸・失眠・健忘などの証
驚悸に用いる場合は、常に朱砂、龍歯などと一緒に用いる(遠志丸)。
失眠、健忘に用いるときは人参、石菖蒲を配伍する(不忘散)。

2.痰阻心竅による精神錯乱、神志恍惚、驚癇などの証
常に菖蒲、鬱金、白礬などと一緒に用いて、祛痰開竅の力を増強する。
咳嗽痰多、咯出が難しいときは、遠志を用いると、痰液が希釈されて咯出しやすくなる。このときは、杏仁、桔梗、甘草などと一緒に用いる。

3.瘍疽腫毒
遠志はよく瘍腫を消散するので、瘍疽癤毒、乳房腫痛に用いられる。
単用で用いるときは、末酒送服あるいは外用調敷する。

用量用法

3~10g

外用は適量

注意

潰瘍病、胃炎があるものは慎用

参考資料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です