東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

赤芍

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

赤芍 せきしゃく

分類

  • 清熱薬
    • 清熱瀉火薬
    • 清熱燥湿薬
    • 清熱涼血薬 ← 赤芍
    • 清熱解毒薬
    • 清虚熱薬

性味・帰経

性味: 苦 / 微寒
帰経: 肝経

効能・主治

  • 清熱涼血
  • 祛瘀止痛

応用

1.温熱病で熱が血分にあり、身熱、斑疹、及びその熱が吐血や衄血に至ったもの

赤芍は血分にある鬱熱を清することができる。
常に牡丹皮と一緒に用いられたり、あるいは犀角生地などといっしょに配伍される犀角地黄湯といったものがある。
もし斑疹の色が不紅活の証があれば、紫草蝉蛻などと配伍される紫草快斑湯といったものがある。

2.血滞経閉、痛経、よび跌打損傷、瘀滞腫痛などの諸証

赤芍はよく祛瘀行滞するため、疼痛の緩解の効能がある。
当帰牡丹皮川芎などと配伍して活血通経する(例:滋血湯)。
桃仁乳香紅花などの生薬と配伍されると、外傷瘀痛にも用いることができる。

3.癰腫、目赤腫痛などの証

赤芍がもっている涼血、祛瘀の作用は、散腫消癰することができ、併せてよく止痛、肝火を瀉すことができる。
癰腫疔毒を治すためには、金銀花黄連蚕休などと配伍する奪命丹がある。
肝熱目赤を治すためには、菊花木賊夏枯草などと配伍運用される。

4.その他、熱淋、血淋、及び熱痢帯血などの血熱証

このような症状に応じて使われることがある。

用量用法

1~15g

煎服あるいは丸剤、散剤に入れられる。

使用注意

虚寒性の経閉(無月経)などには用いないようにする。

反藜芦

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です