東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

芍薬

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

芍薬 しゃくやく

芍薬で総称されていた

芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍白芍の区別はありませんでした。 つまり、張仲景が著わした『傷寒論』『金匱要略』の時代もその区別がありませんので、そこに収められている方剤の組成は、芍薬となっています。 しかしその後唐末宋初になると、明確に赤芍と白芍に分けられるようになりました。書物としては、宋代に出版された『図経本草』ではじめて金芍薬(赤芍)と木芍薬(白芍)と分類して記されたようです。

赤芍と白芍の違い

赤芍と白芍の違いは、以下の項目をご覧下さい。
赤芍と白芍について
赤芍について
赤芍
白芍について
白芍 Paeonia lacitiflora Pall

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です