芍薬

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

芍薬 しゃくやく

芍薬で総称されていた

芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍白芍の区別はありませんでした。
つまり、張仲景が著わした『傷寒論』『金匱要略』の時代もその区別がありませんので、そこに収められている方剤の組成は、芍薬となっています。

しかしその後唐末宋初になると、明確に赤芍と白芍に分けられるようになりました。書物としては、宋代に出版された『図経本草』ではじめて金芍薬(赤芍)と木芍薬(白芍)と分類して記されたようです。

赤芍と白芍の違い

赤芍と白芍の違いは、以下の項目をご覧下さい。

赤芍と白芍について
赤芍と白芍の違い 芍薬で総称されていた そもそも赤芍と白芍は同じ芍薬からできる生薬なのでややこしい。 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はま...

赤芍について

赤芍
赤芍 せきしゃく 分類 清熱薬 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 ← 赤芍 清熱解毒薬 清虚熱薬 性味・帰経 性味: 苦 / 微寒 帰経: 肝経 効能・主治 ...

白芍について

白芍 Paeonia lacitiflora Pall
白芍 びゃくしゃく 分類 補虚薬 補気薬 補陽薬 補血薬 ← 白芍 補陰薬 性味・帰経 性味: 甘・酸 / 微寒 帰経: 肝経・脾経 効能・主治 養血斂陰 柔肝止痛 平抑...

参考資料

コメント

  1. […] 臣薬: 芍薬(白芍)(9g) 益陰斂営、斂固外泄之営陰 桂枝と芍薬は相須の関係で、営衛を調和する。 桂枝と芍薬の配合によって、発汗が正気を傷らないようにし、斂陰して邪気を […]

  2. […] 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍と白芍の区別はありませんでした。 […]

  3. […] 逍遥散   = 当帰 + 芍薬 + 柴胡 + 白朮(蒼朮も可) […]

  4. […] 芍薬:佐制の用:養血 […]

  5. […] 芍薬:佐制の用:養血 […]

タイトルとURLをコピーしました