東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

竹茹

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

竹茹 ちくじょ

分類

  • 化痰止咳平喘薬
    • 化痰薬    ← 竹茹
    • 止咳平喘薬

性味・帰経

性味: 甘 / 微寒
帰経: 肺経・胃経・胆経

効能・主治

  • 清化熱痰
  • 除煩止嘔

応用

1.肺熱咳嗽、咳痰黄稠、及びそこからの痰火内擾、心煩不安

竹茹は、清化熱痰と清熱除煩の効能がある。
熱痰咳嗽の治療に黄芩瓜蒌と常に配伍されて用いられる。
胆火挟痰、犯肺擾心によって生じた胸悶痰多、心煩失眠、驚悸などの証に対しては常に陳皮茯苓半夏枳実などと一緒に用いる。例として温胆湯

2.胃熱嘔吐

竹茹は胃熱を清して嘔吐を止めるので、黄連と一緒に用いられる。
痰熱互結、煩悶嘔逆に対しては常に陳皮半夏と配伍する。例として黄連橘皮竹茹半夏湯
胃虚有熱にして嘔吐のあるものは、益気和胃の陳皮、生姜、人参と一緒に用いる。例として橘皮竹茹湯

用量用法

6~10g

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です