東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

白芷 びゃくし

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

白芷 びゃくし

分類

  • 辛温解表薬 ← 白芷
  • 辛涼解表薬

性味・帰経

性味: 辛 / 温

帰経: 肺経・胃経

効能・主治

  • 解表
  • 祛風燥湿
  • 消腫排膿
  • 止痛

応用

1.外感風寒・頭痛・鼻塞

白芷は風寒をよく散らすことができ、頭痛を止める作用がある。
常に防風羌活と配伍される(九味羌活湯)。

2.陽明経の頭痛・眉稜骨の痛み・頭風痛・歯痛

白芷には芳香条達の性質があるので、祛風止痛することができる。
単用で、都梁丸がある。

川芎防風などと配伍される川芎茶調散がある。

また、鼻淵頭痛を治療する要薬でもあり、この作用を活かすには、常に蒼耳辛夷などと配伍され、蒼耳散という方剤がある。

3.瘡瘍腫痛

未潰のものにはよく消散し、已潰のものにはよく排膿する。
消腫排膿、止痛の作用があるため、外科では常用される。

浮瘍の治療では常に瓜蒌貝母蒲公英などと配伍して解毒散結消腫する。

瘡腫の治療には金銀花天花粉などと配伍される。

4.寒湿帯下証

燥湿止帯の働きがあり、常に海螵蛸白朮茯苓などと配伍される。

もし清熱除湿の黄柏車前草などと配伍されると、湿熱帯下証にも用いられる。

5.その他

以上の他にも、白芷は皮膚の風湿掻痒症に対しても用いられ、よく祛風止痒する。

用量用法

3~10g

参考資料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です