芳香化湿薬

生薬・中薬学用語

山茱萸 さんしゅゆ

山茱萸には補益肝腎の作用があるので、よく補精することができる。また同時に助陽もできる。
生薬・中薬学用語

淡竹葉 たんちくよう

淡竹葉清熱薬の清熱瀉火薬に分類される。清熱除煩、利尿の作用がある。
生薬・中薬学用語

知母 ちも

知母は清熱薬・清熱瀉火薬に分類される。清熱瀉火、滋陰潤燥の作用がある。そのため、石膏と配伍されて白虎湯の組成になる。肺熱咳嗽に対しては、貝母と配伍される二母散がある。さらに、陰虚火旺、肺腎陰虧、陰虚消渇などにも用いられ、知柏地黄丸、玉液湯などに使われる。
生薬・中薬学用語

竹葉 ちくよう

知母は清熱薬・清熱瀉火薬に分類される。清熱瀉火、滋陰潤燥の作用がある。そのため、石膏と配伍されて白虎湯の組成になる。肺熱咳嗽に対しては、貝母と配伍される二母散がある。さらに、陰虚火旺、肺腎陰虧、陰虚消渇などにも用いられ、知柏地黄丸、玉液湯などに使われる。
生薬・中薬学用語

白朮 びゃくじゅつ

白朮は補気薬に分類される。脾経・胃経に帰経するため、補気健脾の要薬になる。また運化作用を強くするので、燥湿利水も出来るため、痰飲水腫の良薬にも。その他に肌表不固、安胎作用などもある。
生薬・中薬学用語

金銀花 きんぎんか

金銀花は清熱薬の中でも、清熱解毒薬に分類される。外感風熱、あるいは温熱病の初期で発熱して微悪風寒のあるものに用いられる。また、瘡、瘍、癤腫などの外科的な症状にも用いられたりもする。
生薬・中薬学用語

桃仁 とうにん

桃仁は活血祛瘀薬に分類され、活血祛瘀、潤腸通便などの効用がある。この作用から、痛経、結滞、産後瘀滞不屈、跌打損傷、瘀阻疼痛、さらには肺瘍、腸瘍にも用いられる。その他に、腸燥便秘、咳嗽気喘に対しても補助薬として用いられる。
生薬・中薬学用語

桂枝 けいし

桂枝は辛温解表薬に分類され、外感風寒による頭痛・発熱・悪寒などの証や、風寒湿痺、肩背肢節痠痛や心脾陽虚によって起きる陽気不行などにも用いられる。桂枝は様々な方剤に用いられるので、とても重要な生薬となる。
生薬・中薬学用語

藿香 かっこう

藿香は化湿、解暑、止嘔といったはたらきがある。湿阻中焦証、暑湿証及び湿温証の初期、嘔吐といった証に用いられる。不換金正気散、藿香正気散、甘露消毒丹などに含まれる。
タイトルとURLをコピーしました