東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

銀翹散 ぎんぎょうさん

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

銀翹散 ぎんぎょうさん

出典

『温病条辨』

分類

  • 解表剤
    • 辛温解表
    • 辛涼解表 ← 銀翹散

組成

  • 連翹9g
  • 金銀花9g
  • 苦桔梗6g
  • 薄荷6g
  • 竹葉4g
  • 生甘草5g
  • 荊芥穂5g
  • 淡豆鼓5g
  • 牛蒡子9g
  • 芦根と水煎服する

効用

  • 辛涼透表
  • 清熱解毒

主治

温病の初期に。
発熱無汗あるいは有汗でもすっきり出ない、微悪風寒、頭痛口渇、咳嗽咽痛、舌尖紅、苔白薄あるいは薄黄、脈浮数。

組成・方解

銀翹散を理解するための基礎理論

まず、温は火の気であることを理解しておく。
「温邪上受,首先犯肺」と説かれているように、温邪は口鼻より入って肺に内通する。
肺と皮毛は相合するので、温病の初期では、多くは発熱、頭痛、微悪風寒、無汗あるいは汗が出てもすっきり出ないということになる。
また、肺が温熱の邪を受けると、上って口咽を薫じるので、口渇、咽痛が起きる。
そして肺が粛降作用を失うので、咳嗽になる。

そこで治療は辛涼解表、透邪泄肺、清熱解毒になる。
『黄帝内経・素問』の「至真要大論」には、「風淫於内,治以辛涼,佐以苦甘」とあるので、この考えを基にしている。

方解

  • 君薬:金銀花連翹
    この両者の君薬がすでに辛涼透邪清熱の効果があり、また芳香辟穢解毒の効能も具えている。
  • 臣薬:荊芥穂淡豆鼓
    君薬を助けて皮毛を開いて逐邪する。
  • 佐薬・使薬
    桔梗:宣肺利咽
    甘草:清熱解毒
    竹葉:清上焦熱
    芦根:清熱生津

銀翹散の特徴

  1. 芳香辟穢・清熱解毒
  2. 辛涼中に少量の辛温の生薬を配伍する。かつ温にして燥にならないように、すでに透邪をして、また辛涼の主旨に背かないようにしている。

補足

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です