東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

素問入式運気論奥

書籍名_(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

素問入式論奥

著者・時代

劉温舒
北宋の哲宗の治世である元符二年(1099年)に出版される。

『素問入式運気論奥』の概要

黄帝内経・素問』の最後にまとめられた運気にまつわる篇を、「運気七篇」と呼ぶ。
この「運気七篇」は、天元紀大論、五運行大論、六微旨大論、気交変大論、五常政大論、六元正紀大論、至真要大論の七篇のことを指す。
この「運気七篇」を解説したのが、『素問入式運気論奥』である。

そもそも当初の『黄帝内経・素問』には、この運気論は含まれていなかったと言われる。
『黄帝内経・素問』は、成書後しばらくして散逸してしまった部分があったが、唐代に入り、王冰がその無くなってしまった篇のところを、自分の家に伝わる運気論を付け足したということで、それが運気七篇であったと言われている。

岡本一抱の『運気論奥諺解』

江戸時代に活躍した医家である岡本一抱(1655-1716)は、劉温舒の『素問入式運気論奥』を解説した『運気論奥諺解』を出版した。
『素問入式運気論奥』の解説書は少ないので、中国でもこの岡本一抱の著書は、その的確な内容と資料的価値との両方で、高く評価されている。

参考資料


『中国医学はいかにつくられたか』 
『新版 漢方の歴史 』
『中国医学の歴史』
『黄帝内経素問 上巻』

江戸時代に発行された岡本一抱の『運気論奥諺解』 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典
江戸時代に発行された岡本一抱の『運気論奥諺解』 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院の院長をしています。

伝統鍼灸を主体にしておりますので、中医学も含めた、役に立つ情報をお届けしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です