東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

附子湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

附子湯 ぶしとう

出典

傷寒論

分類

  • 祛湿剤
    • 袪湿和胃
    • 清熱祛湿
    • 利水滲湿
    • 温化水湿 ← 附子湯真武湯の附方
    • 祛風勝湿

組成・方解

組成

君薬: 附子(二枚・15g)

臣薬: 茯苓(9g)・人参(6g)

佐薬: 白朮(12g)・芍薬(9g)

方解

方解は、真武湯を参考にして下さい。まず五臓の生理学を考えてみると・・・

効用

温経助陽、祛寒化湿

主治

陽虚寒湿内侵、身体骨節疼痛、悪寒肢冷、苔白滑、脈沈微

真武湯と附子湯との違い

組成は、真武湯から生姜を去り、人参を加え、附子の量を倍にして附子湯となる。

  • 附子湯=温補して寒湿を去る。主となるのは、陽虚寒邪内侵の身体骨節疼痛
  • 真武湯=温散して水気を去る。主となるのは、陽虚水気内停の証

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です