紅花 こうか

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「紅花」とは?

紅花の出典

『開宝本草』

紅花の分類

  • 活血祛瘀薬 ← 紅花

紅花の性味・帰経

性味: 辛 / 温

帰経: 心経・肝経

紅花の効能・主治

  • 活血祛瘀
  • 通経

紅花の応用

1.痛経、血滞経閉、産後瘀阻腹痛、癥瘕積聚

跌打損傷瘀痛、および関節疼痛などの証に使われる。
紅花は心と肝の血分に入り、辛散温通の性質があるので、活血祛瘀、通調経脉をすることができる。痛経、血滞経閉、産後瘀阻腹痛、癥瘕積聚といった瘀阻による諸種の証を治療するには、桃仁、当帰、赤芍などの活血祛瘀薬と配伍されることが多い。

2.熱鬱血滞による斑疹色暗に対して

紅花はその活血祛瘀作用によって化滞する。
当帰、紫草、大青葉などの活血涼血、泄熱解毒の品と配伍される(例として当帰紅花飲)。

3.近年の利用

紅花は活血祛瘀作用にとても優れているため、近年では、各科多種の瘀血阻滞による疾患や血行不暢対して広汎に用いられる。
例えば狭心症の心絞痛には、丹参、川芎、赤芍などと配伍される。
血栓閉塞性脈管炎で、患肢足部が暗紅あるいは青紫色は気滞血瘀に属しており、これは当帰、桃仁、赤芍、乳香、没薬などと一緒に用いられる。

紅花の用量用法

3~10g

紅花の使用注意

妊婦忌用

参考資料

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました