柔肝・養肝・養血柔肝

治療方法/法則/治法治則用語 古典古医書抜粋解説 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine中医・東洋医学基礎理論用語

柔肝・養肝・養血柔肝

概要

柔肝とは、肝血が不足している肝陰虚を治療することをいう。

肝陰虚になると、視力減退、両眼乾渋、夜盲、ときに頭暈耳鳴、爪甲色淡、あるいは睡眠が浅く夢が多くなる、口乾や津液が少なくなる、脈弱細という症状が出てくる。

当帰白芍地黄何首鳥枸杞子女貞子旱蓮草桑椹子などの生薬を使う。

“肝為剛臓”という言葉があるように、肝は血を頼りに養われる。
それ故に、養血の生薬を選ぶようにすれば、肝が養われることになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました