東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

熱入心包

中医基礎理論用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

熱入心包

解説

温邪化熱したものが裏に入り、高熱、神昏、譫語或いは昏沈不語などの症状が出てきたものを熱入心包という。

例えば心包に逆伝して生じた症状も同じようなことが起きるが、病情の伝変には違いがある。

昏迷や驚厥が続くと多くは天未清醒となるが、これは邪恋心包と称するが、この“恋”は“留恋して去らず”の意味で、すなわち病邪が心包に長く留まってしまうことを指しており、多くの場合挟痰が起き、後遺症が出やすくなってしまう。

 

参考資料

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です