納呆 のうほう

中医東洋医学基礎理論用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

納呆

[quads id=1]

解説

“水穀の海”と称される胃が、受納作用を失ってしまう状態を言う。
症状としては、消化不良、食欲不振などがみられる。胃の入口付近に不快感を感じたり、常に胃の働きが鈍っているという感覚があるため、“胃納呆滞”という言葉がある。

[quads id=2]

別名

胃呆

[quads id=3]

参考資料

[quads id=4]
いかに弁証論治するか
症例から学ぶ中医弁証論治
わかる中医学入門

瀬戸郁保 Ikuyasu Seto

表参道で鍼灸院を営んでいます。 古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。 詳しいプロフィールはこちら

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする