治法治則用語

引火帰原 いんかきげん

引火帰原について解説しています。
古医書抜粋

凡欲察病者、必須先察胃気・・・

凡欲察病者、必須先察胃気・・・ 明・張景岳『景岳全書・雑証・脾胃』にある文章 凡欲察病者、必須先察胃気 凡欲治病者、必須常願胃気 胃気無損、諸可無慮 明・張景岳『景岳全書・雑証・脾胃』より 解説 胃気といった場合、東洋...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃熱(胃火) いねつ・いか

胃熱が盛んになると、その熱が鬱して化火上炎していく。これが胃熱や胃火であるが、胃中嘈雑、消穀善飢、津液の消耗などさまざまな症状に波及していく。ここでは、胃熱・胃火について解説している。
中医・東洋医学基礎理論用語

胃寒 いかん

胃寒 胃寒とは、胃の陽気を損傷した状態のことをいう。 胃寒になる原因は、生ものや冷たいものを過食したり、完了剋伐の薬物を多用したことにある。また、体質として胃が冷えやすいということもある。 胃寒になると、胃の陽気がない...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃陰虚 いいんきょ

胃陰虚 胃陰虚とは、胃の陰液が枯涸して胃の能力が失調することである。 胃陰枯涸の多くは、熱病の後期に現れるが、これは邪熱が長く留まって胃の陰液に影響が出たためである。久病が回復していかないと、陰液の消煉に至る。 胃陰虚...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃気虚 いききょ

胃気虚 胃気虚の多くは、飲食物の不摂生が長く続いたり、繰り返されたことによって起きるもので、そのために胃気が損傷するまでに至った状態である。もともとの体質によるものや、慢性病で元気が回復していないなどで起きる。 胃気虚になる...
中医・東洋医学基礎理論用語

胃の失調について

東洋医学・中医学では脾胃をとても大事にします。胃の失調が起きるとどのような状態になるのかを概観。
生薬・中薬学用語

藿香 かっこう

藿香は化湿、解暑、止嘔といったはたらきがある。湿阻中焦証、暑湿証及び湿温証の初期、嘔吐といった証に用いられる。不換金正気散、藿香正気散、甘露消毒丹などに含まれる。
東洋医学診断学用語

舌診について④ 舌診の内容-舌質(舌神・舌色・舌形・舌態)を診る 

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について③ 舌診の区分・注意事項・

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について② 舌と臓腑の関係・舌診の原理

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について① 舌診の概要・意義

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
治法治則用語

塞因塞用 そくいんそくよう

塞因塞用について解説しています。
症状・症候関連用語

黄帯 おうたい

帯下の中でも、淡黄色が混じっているものを黄帯という。
症状・症候関連用語

青帯 せいたい

帯下の中でも、青緑色が混じっているものを青帯という。
症状・症候関連用語

赤帯 せきたい

帯下の中でも、赤色が混じっているものを赤帯という。ここでは、赤帯の概要や赤帯の機序について述べています。
症状・症候関連用語

白帯 はくたい

「白帯」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 白帯の概要 女性の膣口から出てくる粘液や組織片などの総称を「帯下」というが、「白帯」はその中でも、病的な状態の...
症状・症候関連用語

帯下 たいげ

「帯下」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 帯下の概要 帯下(たいげ)は「下り物」、「こしけ」とも呼ばれるもので、女性の膣口から性交時以外に出てくる粘液や...
治法治則用語

扶正袪邪 ふせいきょじゃ

感染症のような実証に対しては、扶正袪邪という治療法則を用いる。正気を助け、袪邪も同時にするという方法について解説しています。
症状・症候関連用語

四飲 しいん

四飲とは? 四飲は、以下の四つの飲のことをいう。 痰飲 懸飲 溢飲 支飲 『金匱要略』に初出する。 それぞれの解説については、以下のページを参考にしてください。 (解説ができていないのは、...
タイトルとURLをコピーしました