天花粉 てんかふん

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

天花粉 てんかふん 出典 『神農本草経』 分類 清熱瀉火剤 ← 天花粉 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 清熱解毒薬 清虚熱薬 性味・帰経 性味: 苦・微甘 / 寒 帰経: 肺経・胃経 効能・主治 清熱生津 清腫排膿 応用 1.熱 … 続きを読む

射干 やかん

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

射干 やかん 分類 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 清熱解毒薬 ← 射干 清虚熱薬 性味・帰経 性味: 苦 / 寒 帰経: 肺経 効能・主治 清熱解毒 祛痰利咽 応用 1.咽喉腫痛で、有熱痰壅が盛んなものに 射干は解 … 続きを読む

赤芍と白芍について

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

赤芍と白芍の違い 芍薬で総称されていた そもそも赤芍と白芍は同じ芍薬からできる生薬なのでややこしい。 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この … 続きを読む

芍薬

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

芍薬 しゃくやく 芍薬で総称されていた 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍と白芍の区別はありませんでした。 つまり、張仲景が … 続きを読む

赤芍

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

赤芍 せきしゃく 分類 清熱薬 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 ← 赤芍 清熱解毒薬 清虚熱薬 性味・帰経 性味: 苦 / 微寒 帰経: 肝経 効能・主治 清熱涼血 祛瘀止痛 応用 1.温熱病で熱が血分にあり、身熱、 … 続きを読む