方剤

中医・東洋医学基礎理論用語

梅核気

梅核気 ばいかくき 概要 梅核気は、鬱証に属する症状の一つである。 自覚的には、実際に物はないのに、咽喉の中に物があるような閉塞した感覚があり、これを吐き出そうとしても出ず、これを飲み込もうにも下におりていかない。 梅核...
生薬・中薬学用語

升麻 Cimicifugae Rhizoma

升麻 しょうま 分類 解表薬 辛温解表薬 辛涼解表薬 ← 升麻 性味・帰経 性味: 辛・甘 / 微寒 帰経: 肺経・脾経・大腸経・胃経 効能・主治 発表透疹 清熱解毒 升陽挙陥 ...
方剤名・方剤学用語

補中益気湯 ほちゅうえっきとう

補中益気湯 出典 『脾胃論』 分類 補益剤 補気剤   ← 補中益気湯 補血剤 気血双補剤 補陰剤 補陽剤 組成・方解 君薬: 黄耆(18g) 補中益気、升陽固表 臣...
生薬・中薬学用語

杏仁 Armeniacae Semen

杏仁 きょうにん 分類 化痰止咳平喘薬 温化寒痰薬 清熱化痰薬 止咳平喘薬 ← 杏仁 薬性 性味: 苦・微寒・有小毒 帰経: 肺経・大腸経 効能・主治 止咳平喘: 咳を止めて、喘を...
方剤名・方剤学用語

桂枝湯

桂枝湯 出典 『傷寒論』 分類 解表剤 辛温解表剤 ← 桂枝湯 辛涼解表剤 扶正解表剤 組成・方解 君薬: 桂枝(9g) 解肌発表、表にある風邪を去る 臣薬: 芍薬(白芍)(...
中医・東洋医学基礎理論用語

弁証

弁証・弁証論治 解説 四診法(望・聞・問・切)とう東洋医学独自の診察方法を用い、身体の体質、症状などの情報を収集し、それらを分析、統合して、疾病の原因、性質、部位、正気と邪気の関係などを把握すること。 「論地」と併せて、「弁証...
方剤名・方剤学用語

麻黄湯 まおうとう

麻黄湯 麻黄湯の出典 『傷寒論』 麻黄湯の分類 解表剤 辛温解表剤 ← 麻黄湯 辛涼解表剤 扶正解表剤 麻黄湯の組成・方解 君薬: 麻黄(9g) 辛温散寒、宣肺平喘 臣薬: ...
タイトルとURLをコピーしました