東医宝鑑

東洋医学・中医学書籍名(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典・用語集dictionary Oriental medicine 書籍名

東医宝鑑

東医宝鑑 とういほうかん

概要

『東医宝鑑』は、李氏朝鮮中期時代の侍医として活躍した許俊(ホジュン)が、1611年に完成した古医書である。

『東医宝鑑』は全部で二十三巻ある大部であり、朝鮮第一の医学書と賞賛されている。

『東医宝鑑』は、様々な中医古籍からの引用があり、その内容は各種病症の病因、証候、治法、方剤、薬物、経絡、鍼灸など、当時の医術を網羅している。

その記述は簡潔でありながら要を得ており、中国や日本でも刊行され、影響を与えた。

資料

台湾の出版社から出ている影印本があります。

東医宝鑑 許俊 台湾国風出版社 (C)東洋維医学・鍼灸・漢方・薬膳用語集

東医宝鑑 許俊 台湾国風出版社

東医宝鑑 許俊 台湾国風出版社 (C)東洋維医学・鍼灸・漢方・薬膳用語集

『東医宝鑑』に引用されている書物一覧

東医宝鑑 許俊 台湾国風出版社 (C)東洋維医学・鍼灸・漢方・薬膳用語集

東医宝鑑 許俊 台湾国風出版社 (C)東洋維医学・鍼灸・漢方・薬膳用語集

参考

コメント

  1. […] 1611年、16年間の歳月をかけて作成した『東医宝鑑』を完成させる。 『東医宝鑑』は、朝鮮第一の医学書として今なおその価値が高く評価されている。 […]

タイトルとURLをコピーしました