中医・東洋医学基礎理論用語

胃の失調について

東洋医学・中医学では脾胃をとても大事にします。胃の失調が起きるとどのような状態になるのかを概観。
生薬・中薬学用語

藿香 かっこう

藿香は化湿、解暑、止嘔といったはたらきがある。湿阻中焦証、暑湿証及び湿温証の初期、嘔吐といった証に用いられる。不換金正気散、藿香正気散、甘露消毒丹などに含まれる。
東洋医学診断学用語

舌診について④ 舌診の内容-舌質(舌神・舌色・舌形・舌態)を診る 

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について③ 舌診の区分・注意事項・

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について② 舌と臓腑の関係・舌診の原理

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について① 舌診の概要・意義

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
治法治則用語

塞因塞用 そくいんそくよう

塞因塞用について解説しています。
症状・症候関連用語

赤帯 せきたい

帯下の中でも、赤色が混じっているものを赤帯という。ここでは、赤帯の概要や赤帯の機序について述べています。
症状・症候関連用語

白帯 はくたい

「白帯」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 白帯の概要 女性の膣口から出てくる粘液や組織片などの総称を「帯下」というが、「白帯」はその中でも、病的な状態の...
症状・症候関連用語

帯下 たいげ

「帯下」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 帯下の概要 帯下(たいげ)は「下り物」、「こしけ」とも呼ばれるもので、女性の膣口から性交時以外に出てくる粘液や...
治法治則用語

扶正袪邪 ふせいきょじゃ

感染症のような実証に対しては、扶正袪邪という治療法則を用いる。正気を助け、袪邪も同時にするという方法について解説しています。
症状・症候関連用語

四飲 しいん

四飲とは? 四飲は、以下の四つの飲のことをいう。 痰飲 懸飲 溢飲 支飲 『金匱要略』に初出する。 それぞれの解説については、以下のページを参考にしてください。 (解説ができていないのは、...
症状・症候関連用語

中満 ちゅうまん

中満とは? 中満の症状 中満とは、腹中が脹満している症状のことをいう。 中満の原因 脾胃の運化機能が失調し、気機痞塞することで中満になる。 中満の原因は、気虚、食滞、寒濁上壅、湿熱困阻などがある。
方剤名・方剤学用語

完帯湯 かんたいとう

「完帯湯」とは? 完帯湯の出典 『傅青主女科』 完帯湯の分類 固渋剤 固表止汗 斂肺止咳 渋腸固脱 渋精止遺 固崩止帯 ← 完帯湯 完帯湯の組成 白朮...
鍼灸用語

経絡系統の簡単なまとめ

経絡系統の組成 経絡系統 経脉 十二経 手三陰経 手の太陰肺経 手の厥陰心包経 手の少陰心経 手三陽経 手の陽明大腸経 手の少陽三焦経 手...
タイトルとURLをコピーしました