梅核気

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

梅核気 ばいかくき 概要 梅核気は、鬱証に属する症状の一つである。 自覚的には、実際に物はないのに、咽喉の中に物があるような閉塞した感覚があり、これを吐き出そうとしても出ず、これを飲み込もうにも下におりていかない。 梅核 … 続きを読む

青蒿

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

青蒿 せいこう 分類 清熱薬 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 清熱解毒薬 清虚熱薬  ← 青蒿 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 寒 帰経: 肝経・胆経・腎経 効能・主治 退虚熱 涼血 解暑 截瘧 応用 1.瘧疾肝熱に … 続きを読む

升麻 Cimicifugae Rhizoma

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

升麻 しょうま 分類 解表薬 辛温解表薬 辛涼解表薬 ← 升麻 性味・帰経 性味: 辛・甘 / 微寒 帰経: 肺経・脾経・大腸経・胃経 効能・主治 発表透疹 清熱解毒 升陽挙陥 応用 1.外感風熱による頭痛、麻疹初期、疹 … 続きを読む

杏仁 Armeniacae Semen

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

杏仁 きょうにん 分類 化痰止咳平喘薬 温化寒痰薬 清熱化痰薬 止咳平喘薬 ← 杏仁 薬性 性味: 苦・微寒・有小毒 帰経: 肺経・大腸経 効能・主治 止咳平喘: 咳を止めて、喘を平定する 潤腸通便: 腸を潤し、便の通じ … 続きを読む

弁証

中医東洋医学基礎理論用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

弁証・弁証論治 解説 四診法(望・聞・問・切)とう東洋医学独自の診察方法を用い、身体の体質、症状などの情報を収集し、それらを分析、統合して、疾病の原因、性質、部位、正気と邪気の関係などを把握すること。 「論地」と併せて、 … 続きを読む