た行

症状・症候関連用語

懸飲(けんいん)

懸飲(けんいん) 概論 懸飲とは、脇肋部に留まる水飲のことを言う(飲停胸脇)。 主な症状は、胸脇脹満疼痛(脇下部位が主)、呼吸、咳唾、転側したときに疼痛があり、重みを感じる、気短息促などの症状がある。 『金匱要略』にも見られる証...
症状・症候関連用語

痰飲(たんいん)

痰飲(たんいん) 解説 痰飲には、広義と両義の二つの意味がある。 (1)広義の痰飲 広義の痰飲は、さまざまな臓腑の病理変化で生じる滲出液や、水分が停留して起きる水飲病の総称である。 体内の水液代謝がうまくはたらかなくなり、体腔...
人名

張仲景 ちょうちゅうけい

麻黄湯、葛根湯など、現在も日本でもよく使われる漢方薬は張仲景によって創案された漢方薬です。張仲景は漢方薬の原典である『傷寒論』を著わし、医聖と称されています。『傷寒論』は六経弁証の基本にもなります。
タイトルとURLをコピーしました