懸飲(けんいん)

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

懸飲(けんいん) 概論 懸飲とは、脇肋部に留まる水飲のことを言う(飲停胸脇)。 主な症状は、胸脇脹満疼痛(脇下部位が主)、呼吸、咳唾、転側したときに疼痛があり、重みを感じる、気短息促などの症状がある。 『金匱要略』にも見 … 続きを読む

痰飲(たんいん)

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

痰飲(たんいん) 解説 痰飲には、広義と両義の二つの意味がある。 (1)広義の痰飲 広義の痰飲は、さまざまな臓腑の病理変化で生じる滲出液や、水分が停留して起きる水飲病の総称である。 体内の水液代謝がうまくはたらかなくなり … 続きを読む