スペイン風邪に活躍した森道伯先生のお話

東洋医学・中医学・薬膳・鍼灸関連のニュース (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

100年前のスペイン風邪での漢方医

100年前のスペイン風邪

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が止まらないが、この状況をよく100年前のスペイン風邪と比較されます。

100年間と今とでは、医療の技術や質のレベルは全くことなりますし、遺伝子解析の技術なども相当進んでいますから、そのままそれが当てはまるとは思いません。

しかし、100年前と比較しても、こうして同じようなことが起きると言うことは、人間は自然の一部であり、自然の脅威の前には無力であることを痛感するところではあります。

漢方一貫堂の森道伯先生

この用語集の中でも、漢方薬と新型コロナウイルスCOVID-19に関係する記事をまとめまして、多くの方に興味を持って迎えていただきました。

私自身も、武漢のコンテナ病院で指揮を取った張伯礼先生のウェッブ講座を聴きましたが、現場では明らかに東洋医学・中医学が活躍したことを知り、ますますこの医術をまとめたいと気持ちを新たにしたほどです。

100年前のスペイン風邪においても、日本の伝統漢方医が活躍していたという紹介記事がありましたので、ここにご紹介しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です