東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

『まんが 黄帝内経―中国古代の養生奇書』

お薦めの本C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

 

黄帝内経』は、鍼灸・漢方を含む、東洋医学全体のバイブル。
その原典を読むことは、東洋医学を修める者としては、必須ではないかと思います。
しかしなかなかいきなり原典に当たるには敷居が高く、とっつきにくいところがあるかと思います。

そこで、この『まんが黄帝内経』は初歩の初歩として、『黄帝内経』がどんな思想の下にかかれているのか、どんなないようにあるのかを、ざっくりと知っておくのに良い本です。

また、すでに『黄帝内経』を読んでいる方にとっても、初心者の人に教える時などに、教えるヒントになることがあるかと思います。

そんな意味で、とても役に立つ本ではないかと思います。