東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

『からだにおいしい野菜の便利帳』

お薦めの本C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

  • 著者 坂木利隆
  • 発行 高橋書店
  • お薦め度 ☆☆☆☆☆
    東洋医学・鍼灸医学の養生の基本は医食同源。本書は、一般家庭用に書かれたものですが、患者様へのアドバイスに重宝する一冊です。見易さ、内容の豊富さに注目です。

東洋医学・鍼灸医療は、古来より現代に至るまで、「医食同源」を標榜してきました。この形の一つが『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』や、『本草綱目(ほんぞうこうもく)』などに代表される本草書と呼ばれるジャンルのものです。このことからも分かるように、我々が普段口にする飲食物は、我々の身体を作る基であり、それはすなわち健康の基ということになります。そこで、「医食同源」を標榜する東洋医学・鍼灸医療を実践する者は、患者様の健康の管理者として、治療とともに、こういった日常生活の食事・食物といったことへのアドバイスをすることもまた重要な治療の一環になります。

この『からだにおいしい野菜の便利帳』は、まさに野菜に関する現代の“本草書”といった内容になっております。栄養成分、旬、保存方法などの基本情報を始め、原産地やその野菜にまつわるエピソード、おいしいものの選び方、そして効果的な食べ方などが豊富に納められています。また、例えば同じにんじんでも、金時にんじん、ミニにんじんなど他の種類のことも載っております。全編カラーページで写真も豊富で、版の大きさもめくりやすい本になっています。

家庭の主婦を始め、治療者、健康をアドバイスする方など、多くの方に重宝される一冊です。ありがたいことに、値段もおとくになっているのが、これまた家庭的だと思います。