東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

『誰にも分かる経絡治療講話』

お薦めの本C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

  • 著者 本間祥白
  • 発行 医道の日本社
  • お薦め度 ☆☆☆☆☆
  • 経絡治療黎明期を支えた一人である、本間祥白先生による経絡治療の本です。会話形式なので、読みやすくなっています。

 

経絡治療は、『黄帝内経』『難経』といった古医書が元になってできた鍼灸の施術方法です。
古来より伝わってきたものですが、いつの頃からか途切れてしまいました。
それを再度構築し治したのが、柳谷素霊先生、岡田素道先生、井上恵理先生等の鍼灸師のグループです。

昭和初期に集まったこのグループは、千葉の漁村で経絡治療を続けていた人を訪ね歩くなどしながら、お互いに検討、研鑽しながら現在の経絡治療の原形を作り上げました。

その中でも、本書を著わした本間祥白先生は、古典への造詣が深く、書くことを得意としていたと言うことで、経絡治療の考え方、方法論をいくつかの本にまとめ上げました。
特にこの『経絡治療講話』は、初心者のために書き上げられたもので、先生と生徒という会話形式で話が進んでいきますので、とても入りやすい本となっています。

初心者の方にも、ベテランの方にも、今読んでも多くの示唆を与えてくれる一冊です。