東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

長野式鍼灸を学ぶ本

お薦めの本C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

現在“長野式”と呼ばれる鍼灸療法は、その簡便さと明快さから多くの方に愛用されている方法です。残念ながら、長野潔先生は既に他界されておりますが、その後多くの先生が遺志を継いでおり、長野式の勉強会も会員数を増やしているとのことです。

この長野式は、大分の鍼灸師である長野潔先生が、長年の臨床経験から編み出したもので、師は、現代医学と鍼灸医学の融合を目指すことを念願とされていました。その念願の結実として、この2冊の本が出版されました。長野潔先生は盲人で、その指先の感覚はとても鋭敏だったといいます。長野先生のところで仕事をされていた先生に聞いたところ、「長野先生の指先はまるで赤ちゃんのように柔らかかった」と言います。その発達した感覚を武器に、そしてそれを現代医学にも結び付けようとする明敏な知識と工夫は、他の追随を許さぬ内容と言われています。

どちらの本も長野式を理解するための基本となります。記述はとても明解であり、つぼの選定もセットになっているので入門者・初学者にとってはとても力強い味方となります。ベテランの先生にとっても、これらのツボからヒントを得ることも多いのではないでしょうか

【長野式を学ぶDVD】