五苓散 ごれいさん

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture

五苓散 ごれいさん 出典 『傷寒論』 分類 祛湿剤 利湿滲湿 ← 五苓散 組成 猪苓 9g 澤瀉 15g 白朮 9g 茯苓 9g 桂枝 6g ※用量は、中国の教材である『方剤学』(上海科学技術出版社)を採用しています。日 … 続きを読む

麻杏甘石湯 まきょうかんせきとう

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture

麻杏甘石湯 まきょうかんせきとう 出典 『傷寒論』 分類 解表薬 辛涼解表 ← 麻杏甘石湯 組成 麻黄 5g 杏仁 9g 甘草 6g 石膏 18g ※用量は、中国の教材である『方剤学』(上海科学技術出版社)を採用していま … 続きを読む

まとめ<<中医学が新型コロナウイルスCOVID-19にどう対処したか>>のニュースなど

東洋医学・中医学・薬膳・鍼灸関連のニュース (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

中医学と新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの現在地 新型コロナウイルス(COVID-19)が全世界に広がり、毎日のニュースはその話題で持ちきりです。 毎日報道される“今日の感染者数”に一喜一憂し、気持ちもそぞろであり … 続きを読む

知母 ちも

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「知母」とは? 知母は清熱薬・清熱瀉火薬に分類され、清熱瀉火、滋陰潤燥の作用がある。石膏と相須関係があり、白虎湯の組成になる。肺熱咳嗽に対しては、貝母と配伍される二母散。さらに、陰虚火旺、肺腎陰虧、陰虚消渇などにも用いら … 続きを読む

竹葉 ちくよう

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「竹葉」とは? 竹葉は清熱薬・清熱瀉火薬に分類される。熱病煩熱口渇に用いられたり、心火上炎、口舌生瘡や驚熱にも利用される。別名を「淡竹葉」という。 竹葉の別名 淡竹葉 竹葉の出典 『名医別録』 竹葉の分類 清熱薬 清熱瀉 … 続きを読む

白朮 びゃくじゅつ

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「白朮」とは? 白朮は補気薬に分類される。脾経・胃経に帰経するため、補気健脾の要薬になる。また運化作用を強くするので、燥湿利水も出来るため、痰飲水腫の良薬にも。その他に肌表不固、安胎作用などもある。 金銀花の出典 『神農 … 続きを読む

金銀花 きんぎんか

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「金銀花」とは? 金銀花は清熱薬の中でも、清熱解毒薬に分類される。外感風熱、あるいは温熱病の初期で発熱して微悪風寒のあるものに用いられる。また、瘡、瘍、癤腫などの外科的な症状にも用いられたりもする。 金銀花の出典 『名医 … 続きを読む

黄帯 おうたい

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「黄帯」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 帯下の中で、淡黄色がかったものを「黄帯」という。 黄帯の概要 女性の膣口から出てくる粘液や組織片など … 続きを読む

青帯 せいたい

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「青帯」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 帯下の中で、青緑がかったものを「青帯」という。 青帯の概要 女性の膣口から出てくる粘液や組織片などの … 続きを読む