塞因塞用 そくいんそくよう

治療方法/法則/治法治則用語 古典古医書抜粋解説 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「塞因塞用」とは? 「塞因塞用」の概要 塞因塞用は、『素問・至真要大論』に初出する反治法の一つである。 塞因塞用とは、補を以て塞を開くことである。 すなわち補益薬を用いて閉塞不通の症状をもつ病証を治療することである。 「 … 続きを読む

帯下 たいげ

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「帯下」とは? 「帯下」は現代医学でも使われる用語ですが、ここでは主に東洋医学で使われる「帯下」について述べています。 帯下の概要 帯下(たいげ)は「下り物」、「こしけ」とも呼ばれるもので、女性の膣口から性交時以外に出て … 続きを読む

四飲 しいん

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

四飲とは? 四飲は、以下の四つの飲のことをいう。 痰飲 懸飲 溢飲 支飲 『金匱要略』に初出する。 それぞれの解説については、以下のページを参考にしてください。 (解説ができていないのは、順次ページを増やしてまいります。 … 続きを読む

完帯湯 かんたいとう

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture

「完帯湯」とは? 完帯湯の出典 『傅青主女科』 完帯湯の分類 固渋剤 固表止汗 斂肺止咳 渋腸固脱 渋精止遺 固崩止帯 ← 完帯湯 完帯湯の組成 白朮(30g) 山薬(30g) 人参(6g) 白芍(15g) 車前子(9g … 続きを読む

十五絡脈 じゅうごらくみゃく

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

十五絡脈 概念 十二経脉と任脉・督脉には、それぞれに本経とは別に出ている十四の絡脈があり、さらに脾の大絡(大包)を加えて、総計十五の絡脈がある。これを、「十五絡脈」「十五別絡」と称する。 十五絡脈の分布 1.十二経の絡脈 … 続きを読む

瞿麦 くばく

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「瞿麦」とは? 瞿麦の出典 『神農本草経』 瞿麦の分類 利水滲湿薬 ← 瞿麦 瞿麦の性味・帰経 性味: 苦 / 寒 帰経: 心経・小腸経・膀胱経 瞿麦の効能・主治 利水通淋 瞿麦の応用 1.小便短赤、淋漓渋痛 瞿麦はよく … 続きを読む